· 

sibling を使わないわけ

昨日、「きょうだい」を表す sibling という

 

単語を扱いました

 

今日は、なぜ日本の中学英語教科書に

 

sibling は出てこないのか?

 

を探ってみました

 

原因はこれだと思います

(Googleの単語使用頻度検索 Google Ngram Viewer)

 

これによると、sibling という単語が使われ始めたのは

 

1930年あたりからで、1970年で0.00018%です

 

それが2000年近くに2倍の0.00036%に伸びています

 

つまり

 

sibling という単語は比較的新しい単語で

50年前くらい前までは

あまり日常会話では使われていなかったが

性差別を無くす傾向にある社会的影響もあり

使用頻度が急に伸びてきた

しかし、保守的な日本の教育関連業界は

それに追いついていない

 

というのが僕の見立てです

 

ちなみにこれは brother の使用頻度検索結果です

2000年時点で sibling の約17倍の使用頻度ですが

 

1900年との比較では半分以下に下がっています

 

ついでに waiter, waitress に代わって使われる

 

server という単語も調べてみました

 

結果はこの近年の顕著な伸びです

 

 

*********************************************
オンライン英検1級クラスはこちら
ニュートレジャー専門オンラインスクールはこちら

ラララ英語講座はこちら

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

火-金15:00-19:00

土曜13:00-16:00

他は留守電/Line対応です

日曜・月曜定休日

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

Line公式アカウント

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース3月号はこちら

Flag Counter