· 

vis, vid は「見る」

vis, vid といった語根は see と同じく「見る」を表します

だから

 

visit それ(it)を見に行くから「訪問する、尋ねる」

visual 見るの形容詞で「視覚の」

visible 見ることができる(able)から「目に見える」

vision 見るの名詞で「視力、心に描く像」

provision 前もって(pro)見るから「用意、対策、食料」

provisional ↑の形容詞で「一時的な、暫定の」

revise 再び(re)見るから「見直す、改訂する」

supervise 上から(super)見るから「監督する」

provide 前もって(pro)見るから「備える、供給する」

divide 分けて(di)見るから「分ける、分割する」

individual これ以上分けて見るのが無理(in)だから「個人」

view 「眺め、見通し、意見」

interview 意見を交える(inter)から「面接する、面接」

 

provide という単語がもともとは
弱い人達の先を見越して、物や食料を与えたことから

「供給する」という意味になったって、意外じゃないですか?

 

*********************************************

オンライン英検1級クラスはこちら
ニュートレジャー専門オンラインスクールはこちら
ラララ英語講座はこちら

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

火-金15:00-19:00

土曜13:00-16:00

他は留守電/Line対応です

日曜・月曜定休日

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース10月号はこちら

Flag Counter