おすすめ英語学習法

さて、昨日に引き続き 今日は実践編 繰り返すが これは上級者向けの「コンテンツシャドーイング」ではなく 音声に100%集中する「もごもごシャドーイング」の話ね リスニングと発音を良くするために シャドーイングが効果的だと昨日の記事に書いたが では具体的にどうやるのか? 聞こえた音を0.5秒くらい遅れて真似して言うだけ なのだが、いくつかコツがある...
英語学習法に シャドーイングという方法があります これは↑シャドーボクシング 無関係です シャドーイングとは聞こえた音声をすぐに 0.5秒くらい遅れてそっくり真似して言う。。。という訓練法 シャドーイングには二つの方法があります 一つはコンテンツシャドーイング アウトプットする英語の正確さも意識するので かなり難しいです...
ラジオ英会話で最近、大西先生がしょっちゅう言ってること。。。 ---------------------------------------- 「今月も引き続き、会話の台本を学習をします。」 「台本とは、ある状況で使われる典型的な言い回しと 会話の筋道。すなわちフローのこと。」 「台本が増えるたびに会話に迷いが無くなり 軽快になってきますよ。」 -----------------------------------------...
僕が英検準1級を取得したのは 1年間のオーストラリアでのワーホリから帰国してまもなく 確か25歳のころ その後、また仕事で海外をうろちょろして 28歳で現職の英語指導者になった 英語指導者としては いつかは英検1級を取得したい しかし、そう簡単ではない それに、スクールのほうでも毎回 英検の監督業務があるわけ 毎日忙しいし。。。...
昨日の記事で 「言いたいことが言えるようになる」方法について書いた この本にも似たようなことが書いてあります テキストの例文をいくらたくさん勉強しても 自分の言いたいことは言えないので 自分の言いたいことを英語にして 音読暗記を積み重ねしましょう。。。 というものです これと類似の本はたくさんあります でも、この本の良いところは...
ラジオ英会話 瞬間英作文 〇〇式トレーニング 英会話・ぜったい音読 〇〇式シャドーイング ・・・ ・・・ ・・・ このようなテキストを利用して 英会話の型を音読・暗唱して身に着ける というトレーニングは 基礎力をつけるために必須です でも、これらのトレーニングをかなりやったのに それでも「言いたいことが言えない」 と、あなたが感じているなら...
TOEICのリスニング 速すぎて聞き取れない。。。 という方はいらっしゃいませんか? 「リスニングが苦手です。どうしたらいいですか?」 というご相談は多いです リスニングが苦手な理由は二つあります TOEICの公式問題集を使ってみましょう 「さっぱりわからない」と感じた問題の スクリプトを読んでみてください A 「読んでもよくわからない」 B 「読めばわかる」...
僕は「ラジオ英会話」をストリーミングダウンロードして聞いています 講師の大西さんの文法説明が巧みなので パクリどころを探しながら聞いてます その大西先生が今日、こんなことを2回も言っていました 「英会話は音読と暗唱が大切」 それでイイのだ 教材も学習法も山ほどあるが 結局はそこだよね あなたに合った方法で 継続できるやり方でやってくださいね...
あのOprah WinfreyさんがStoryline Onlineに登場 英語の絵本の朗読をされています Oprah Winfreyさんは日本ではほとんど知られていませんが アメリカではめっちゃ有名な司会者で俳優、慈善家、その影響力は 日本でいうと、昔の「みのもんた」をしのぐほどでした https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC...
このサイトはわりと最近(1年前?)にできたもののようです 扱っているスピーチ等の中身がなかなかいいと思います https://www.youtube.com/channel/UC9AE6MneoakfIEOcWc8hUUg/featured Gariben...

さらに表示する

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

月曜15:00-19:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース11月号は

こちら