· 

英検合否の不思議

6年前まで英検は、1問1点計算で

合格ラインの合計点が公表されていた

つまり、自己採点である程度、合否の判定ができたのである

 

ところが、2級から3級まで作文が導入されてからは

作文が自己採点できないばかりでなく

リーディング問題、リスニング問題、作文問題の3つの領域が

ほぼ均等配分でスコア換算されるようになり

これまでのように正解数では合否が判定できなくなった

 

正解数だけを見ていると、正解数の多い人が不合格

正解数の少ない人が合格。。。という逆転現象も起こりうる

  

前回の英検の準2級で、総得点が同じなのに合否が分かれた

--------------------------------------------

Aさんのスコア  R19 L13 W14 計46

Bさんのスコア  R19 L16 W11 計46

-------------------------------

Readingはどちらも19点だ、さてどちらが合格か?

 

答えは、作文でより高得点を取ったAさんが合格

Bさんは不合格であった

 

準2級の場合、問題数でいくと

Reading 37問 リスニング30問 Writing 16点満点なのだが

3領域ほぼ均等配分でスコア換算するため

作文の1点が最も大きなスコアになるのだ

 

これまではAさんのようにリスニングで13点しか取れない人が

合格するなんて考えられなかったのだが、現在は

作文でどれだけ稼ぐか。。。が合否のカギを握っている

 

準一級、一級もね

 

*********************************************

 

オンライン英検1級クラスはこちら
ニュートレジャー専門オンラインスクールはこちら
ラララ英語講座はこちら

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

火-金15:00-19:00

土曜13:00-16:00

他は留守電/Line対応です

日曜・月曜定休日

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース12月号はこちら

Flag Counter