シャドーイングの二つの方法

英語学習法に

シャドーイングという方法があります

 

 

これは↑シャドーボクシング

無関係です

 

シャドーイングとは聞こえた音声をすぐに

0.5秒くらい遅れてそっくり真似して言う。。。という訓練法

 

シャドーイングには二つの方法があります

 

一つはコンテンツシャドーイング

 

アウトプットする英語の正確さも意識するので

かなり難しいです

通訳を目指すような上級者向けです

 

そして、もう一つが

英語の正確さを無視して

100%音声に意識を集中する

 

 

もごもごシャドーイングです

 

もごもごシャドーイングの目的は

発音矯正とリスニング力強化です

 

英語って、日本語とは

かなり異なる音とリズムを持っています

ところが、多くの日本人は学校教育の影響もあり

英語の音を日本語の音に変換して

脳内にデータベースを作ってしまっているのです

 

だから、英語本来の音声と自分の知っている音声や発音との間に

大きな差(乖離)ができてしまっているのです

その差が大きければ大きいほど

リスニングでの理解に悪影響を及ぼす

 

その差を埋めるトレーニングの一つがシャドーイング

 

なぜシャドーイング?

リピーティングやリスニングの練習じゃダメなのか?

 

ダメです

リピーティングでは一文聞き取って間があくうちに

聞こえたせっかくの本物の英語を

自分の脳内データベースのカタカナ英語に変換するため

口から出てきた時にはもう日本語っぽいカタカナ英語になってしまう

 

またリスニングの場合には、音よりも意味理解にエネルギーを使うので

音だけに100%集中できず、効果が半減するのです

 

シャドーイングの目的となぜ効果があるのか

その論理はご理解いただけたでしょうか?

 

明日の実践編に続く

 

------------------------------------

オンライン茅ヶ崎方式英検1級クラスはこちら
ニュートレジャー専門オンラインスクールはこちら

ラララ英語講座はこちら 

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

月曜15:00-19:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース11月号は

こちら