· 

共通テスト・英語リスニングの配点割合

約2か月後

 

センター試験に代わる「共通テスト」が

 

初めて実施されます

 

英語のテストには筆記とリスニングがありますが

 

配点は基本、100点と100点

 

つまり、1対1の割合なります

 

ところが、この配点割合は各大学によって変えていいことになっています

 

これまでセンター試験では筆記200点にリスニング50点だったので

 

4対1でした

 

現状どうなっているかというと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

配点割合     私立大学    国公立大学

 1対1       46.8%      29.1%

 4対1(従来通り)26.2%      35.8%

 3対1       13.5%      17.9%

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(旺文社発表データに基づく)

 

つまり、私立大の約半数は新基準の1対1を採用

 

国公立大学の約3割が新基準の1対1(半数以上が従来とほぼ同じ)

 

ということです

 

受験生のことを考えたら

 

もうちょっと統一してくれないと

対策のしようがないじゃないか!

 

という感じですね

 

受験する大学の方針を調べてから対策を練っていたら

間に合わないかもしれません

 

なので

 

結論は

 

高2までにリスニング対策は仕上げておきましょう

 

 

*********************************************
オンライン英検1級クラスはこちら
ニュートレジャー専門オンラインスクールはこちら

ラララ英語講座はこちら 

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

月曜15:00-19:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース11月号は

こちら