· 

ディスレクシア

ディスレクシアってご存知ですか?

 

日本語では「読み書き困難」とか「失読症」と訳されるが

 

言葉の音と文字が繋がりにくい症状のこと

 

日本では認知度が非常に低い

 

学校の英語の先生でも知ってる人は5人に一人くらい?

 

日本では、英語のスペリングがなかなか覚えられないと

 

単純に頭の悪い子。。。とされてしまう

 

この本にとても詳しく説明してあります

 

英語圏の国ではディスレクシアの人は10人に一人くらいいるとされている

 

10%だ

 

小学校でディスレクシアと診断されると

 

通常の学校に加えて

 

専門の教育機関に通って特別な教育を受けることが多い

 

社会的認知度も高いし、障害という捉え方ではなく

 

その人の持つ個性、、、という捉えかたの方が強いので

 

ディスレクシアであることを隠そうともしない

 

大人の有名人がマスコミの取材に答えて

 

「私はディスレクシアだった」と

 

答える場面、記事はたくさん見てきた

 

 

日本ではどうか?

 

実は日本語の場合、ディスレクシアは起こりにくい

 

ひらがな、カタカナという表音文字と

 

漢字という表意文字が混じっていて

 

それぞれ、使う脳の言語野が異なっているから

 

どちらか片方の言語野の働きが弱くても

 

もう一方の言語野が補ってくれるからだ

 

 

英語はアルファベットという表音文字だけを使い

 

綴りと発音との規則性がもっとも弱い言語なので

 

ディスレクシアが起こりやすい

 

これから小学校に英語が入っていくが

 

こういう症状があるということを

 

文科省はきちんと認識して、教育現場に伝え

 

対策も考えて欲しい

 

まあ、今の時期

 

それどころじゃないけどね

 

*********************************************

ラララ英語講座はこちら (チャンネル登録よろしくお願いします)

オンラインニュース英語講座はこちら

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

月曜18:00-21:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース6月号は

こちら