· 

英検は作文がカギ

今回の英検のスクール生の合否結果を見て

 

改めて「英検は作文がカギ」と認識した

絶対合格無理だろうと思っていた生徒が

 

結構合格しているのだ

 

得点配分を見てみると

 

リーディングとリスニングあわせて約5割の正解率なのに

 

ライティングで16点中12点(75%)以上取って

 

合計点数で6割を超えるというパターン

 

 

 

3~4年前まで英検は、1問1点計算で

合格ラインの合計点が公表されていた

 

つまり、自己採点である程度、合否の判定ができたのである

 

ところが、ライティングが導入されてからは

作文が自己採点できないばかりでなく

リーディング問題、リスニング問題、作文問題の3つの領域が

ほぼ均等配分でスコア換算されるようになり

これまでのように正解数では合否が判定できなくなった

 

準2級の場合、問題数でいくと

Reading 37問 リスニング30問 Writing 16点満点なのだが

3領域ほぼ均等配分でスコア換算するため

作文の1点が最も大きなスコアになるのだ

 

リーディングとリスニングあわせて約5割の正解率の人が

合格するなんて、これまでは考えられなかったのだが

現在は作文でどれだけ稼ぐか。。。が合否のカギを握っている

 

作文の練習は過去問を使うことが多いけど

基礎的な練習には

mpi のTAGAKI というテキストがおすすめです

二次面接対策にもなります

 

*********************************************

ラララ英語講座はこちら (チャンネル登録よろしくお願いします)

オンラインニュース英語講座はこちら

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

月曜15:00-19:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース9月号は

こちら