· 

10分間の発音指導で学年代表に

スクールのある船橋市では毎年夏休みに

各中学校の代表が集まって

英語のスピーチコンテストを行う

 

スクールで僕が担当している中1生のNさんから

「来週学校で代表選出のオーデションがあるので指導してもらえませんか?」

という依頼を受けたので、授業中に10分ほど、別室で指導した

 

題材は中1の英語の教科書

めちゃくちゃやさしいやつ

(学校図書Total English)

 

Nさんの発音は特に問題ないのだが

一つだけ気になったのが L の発音

日本語の「ら」行の発音になっているのだ

 

Rの発音は日本語に無いから難しいとよく言われるが

僕に言わせてもらうと L のほうが難しい

日本語のら行との区別がつきにくいうえに

違いの説明もしにくいからだ

 

僕は R と L の発音の違いを説明するとき

こんな手法をよく使う

 

Rで始まる単語はRの前に小さい「ぅ」をくっつける

Lで始まる単語はLの前に小さい「」をくっつける

 

たとえばこんな感じ

  ぅright

   ぬlight

 

light のLを発音するときは舌先がぴったり

上あごにくっつくのだが

「ぬ」の口の形を入れることによって

これが無意識にうまくできるのだ

 

さあ皆さんもご一緒に。。。

 

 

そして、結局Nさんは学年代表に選出されたとのこと

おめでとー

 

**********************************************

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

月曜15:00-19:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース12月号は

こちら