シャドーイング実践編

リスニングと発音を良くするために

シャドーイングが効果的だと昨日の記事に書いた

では具体的にどうやるのか?

 

ここでは、英語の音だけに100%集中し

内容の正確さにはこだわらない

「もごもごシャドーイング」を紹介する

 

聞こえた音を0.5秒くらい遅れて真似して言うだけ

なのだが、いくつかコツがある

 

まず、自分の声が邪魔して

聞いている音が聞こえなくならないように

イヤホンを使うことをオススメする

片耳でもいいだろう

 

それから、これ大事ね

 

聞こえたそのままの音を真似する

カタカナ英語に変換しないこと

文法的に正しいかなんて忘れること

 

英語がそこそこできる人だと、聞き取った英語を

意味のある単語のつながりとして認識してしまう

すると、英語の音を自分の頭の中(データベース)にある英語に変換してしまい

カタカナ英語、日本人っぽい英語になってしまうことがあるのだ

 

これを予防するのに大変有効な手がある

 

自分が全く知らない外国語でシャドーイングするのである

ドイツ語、ロシア語、スワヒリ語。。。。。何でもいい

 

意味は全くわからないので、音とリズムに100%集中できる

素材はインターネットのU-Tubeとかでいくらでも手に入るだろう

この「意味を考えずに音に100%集中できる」感覚が身についたら

英語の素材でやってみる

 

英文の意味がどうしても気になるという人は

やる前に和訳を見て、意味をしっかりと把握し

安心してからやるのもありだ

 

なお、このシャドーイングのやり方は

同時通訳を目指す人のようなレベルの高いシャドーイングとは

手法や目的が異なるかもしれない

 

音に100%集中し、正確さにこだわらないのが

「もごもごシャドーイング」

 

意味、内容にも意識を向けるのは

「コンテンツシャドーイング」という

 

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

月曜15:00-19:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース9月号は

こちら