リスニング力を鍛える

リスニングが苦手という人に時々出会います

 

二つのタイプがあります

1、そもそも語彙力が無い(原稿を読んでもわからない)

2、スクリプト(原稿)を読めばほぼ100%わかるのに、聴き取れない

 

1の場合、それはリスニングが弱いというより

そもそも英語力の問題なので基礎力をつけましょう

 

問題は2の方ね

トレーニング方法は4種類

 

A 原稿音読法

最初に1回、原稿を見ないで頑張って聴く

次に、原稿を3回くらい音読練習する

もう一度、原稿を見ないで聴く

すると自分の耳が開いて、最初に聞いた時の

2倍くらい理解度が増しているのがわかるだろう

これをたくさんの素材で繰り返す

 

B スピードストレス法

リスニング音声を1.2-1.5倍速で頑張って聞いてみる

その後1倍に戻すと、なんとゆっくりと聞こえることか!

理解力もアップ

TOEICや英検の直前数週間やってみるのがお勧め

 

僕はスクールのほうで過去に、CDプレイヤーを

100台以上買い換えてきているが

現在、語学用に最強だと思っているのがこれ

ZS-E80 1万円弱

ボタンを押すだけで速さを5段階で変えられる

(ぼくはソニーの回し者じゃありませんよ、笑)

スクールには今、4台置いてある

 

変速機能付きの携帯オーディオプレイヤーでもいいね

 

C 多読法

特に資格試験の英語リスニングの場合

リスニングの途中で知らない単語や、理解できない部分が一瞬出てくると

その部分が気になったり、考え始めたりしてしまい

その後に流れる音声を聞き逃してしまう

というタイプの方がいらっしゃる

そんな方にお勧めなのが多読法だ

SSS式、または子ども式多読では

「知らない単語は飛ばして、わかるところだけをつなげて理解する」

という読み方をするので、これに慣れてしまうと

リスニングにも応用できるようになるのだ

 

D 発音からトレーニングする方法

発音できない音は聞こえない。。。という説がある

英語をカタカナ英語に変換して発音している人は

英語独特の、あの単語と単語がくっついて別の音に変化しているやつが

聞き取れない

ワダヤドゥーイン?

What are you doing?

だから、カタカナ英語じゃない、本物の英語そのままに

強弱リズムで発音できるようにすれば

リスニングの理解力も上がるのだ

 

じゃあ、どうやって発音を磨くのか?

 

モゴモゴシャドーイングがオススメ

 

次回に続く

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

月曜15:00-19:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース12月号は

こちら