今日の the Japan Times から

この記事の見出しを解釈してみよう

この1面の見出し

 

Ghosn lawyer devised failed worker get-up

 

ちょっと難しい単語も入っているので解説してみよう

 

Ghosn lawyer はわかりますね?

ゴーンさんを担当している弁護士のこと

 

devise は、「何かを考え付く、考案する」

名詞は device デバイス「装置」なんだけど

「何かの目的を果たすために考案された装置」

という意味から来ている

 

get-up は、あまりこういう形では見ないけど

身なり、服装のこと

だからworker とセットで「作業員の服装」「作業着すがた」

 

最後に

failed は、「うまくいかなかった」「失敗に終わった」というわけで

 

全体では

「ゴーン被告の弁護士考案の作業着姿 - 失敗に終わる」

「失敗に終わったゴーン被告の作業着姿、考案したのは弁護士」

といったところか?

日本語にするといまいちだね

 

電話でのお問い合わせ

体験レッスンお申込は

(047)467-6450

教室受付窓口の営業は

月曜15:00-19:00

火-金15:00-20:00

土曜13:00-15:00

他は留守電対応です

教室長ブログはこちら

ほぼ毎日更新

友だち追加

月に一度程度、オープンスクールなどのお得情報を配信しています

スピコン入賞者

大人の方のクラス

教室紹介動画

 

 多読ニュース9月号は

こちら